メニュー 閉じる

ジムのプールでダイエットしたい人が準備する道具はこれです!

ダイエットしようと思っている人の中には、プールで泳いでダイエットをしようと思っている人もいると思います。

しかし、こういった疑問を持つ人いませんか??

「ジムって行ったことがないから何持っていけばいいの?」

「ジムには登録してるけど、プールで泳ぐには、何を準備すればいいかわからない」

ジムに行ったことがない人にとっては、ジムという場所は、よくわからない場所です。

特にプールは、ジムの中でも見えにくく、ジム会員の人でさえどんな場所か知らない人が多いはずです。

私は、水泳を3歳から始めて水泳歴が23年になりました。

ジムのプールは、高校卒業してから使っているので、ジムのプール歴も8年になります。


今回は、ジムのプールを使うための持ち物を紹介していきたいと思います。

これを読めば安心して、ジムのプールに行くことができるはずです。




ジムのプールでダイエットしたい人が準備するもの

準備は、簡単です。

基本的には、「温泉に行く道具」+「プールで使うもの」

だと思ってもらって大丈夫です。

ジムのプールに行く人が準備するもの【まとめ】

ジムのプールでダイエットをしたい人が準備するものは、

ざっとこれくらいです。

【プールで使うもの】

・水着 ・帽子 

・ゴーグル ・タオル

【プール以外で使うもの】

・メイク落とし ・タオル

・お風呂セット ・スキンケアセット

・着替え ・ビニール袋  


【プールで使うもの】と【プール以外で使うもの】に分けました。

これさえあれば、基本的に困ることなく、ジムで過ごすことができるはずです。

ジムのプールで使う道具

【プールで使うもの】

・水着 ・帽子 

・ゴーグル ・タオル


プールで使うものは、上記のものがあれば大丈夫です。

ビート板やプルブイ(足に挟む道具)は、基本的にジムにあり、自由に使うことができるので、

持っていく必要はありません。

水着

水着は、「フィットネス用」や「競泳用」など泳ぎやすいものを選びます。

時々ビキニを来てくる方もいますが、

ビキニでは、基本的に泳げません。

泳げないというよりも、水圧でポロリしてしまう可能性があるので、やめておいたほうがいいでしょう。

▼安く水着を買うなら、「ジュエン」のネット通販が便利!



帽子

プールで使う帽子は、「メッシュ素材」がおすすめです。

様々な記事のものがありますが、メッシュ生地の帽子は、水の影響を受けにくく、泳ぎやすいです。

水中ウォーキングのみの予定の方は、メッシュ生地ではなく、ゆったりとした帽子を選んでもいいかもしれません。

ゴーグル

プールで泳ぐ予定の人は、「ゴーグル」は絶対にあったほうがいいです。

プールには、塩素が入っているので、ゴーグルをしないと、少なからず目を痛めてしまいます。

また、目をつぶって泳ぐことは、真っ直ぐ泳ぐことができず、周りの方の迷惑になるので、やめたほうがいいです。

ゴーグルをつけて、視界良好の中で楽しく泳ぎましょう。

タオル

プールには、タオルは持っていったほうがいいです。


プールサイドに荷物を置く場所があるので、そこに置いておくことができます。


タオルを持っていかず、プールから上がって、濡れたまま更衣室に入ることは、迷惑行為に繋がってしまいます。タオルは持っていきましょう。


バスタオルではなく、スポーツタオルくらいの大きさでもいいと思いますよ。



番外編

ここまでの道具が揃っていれば、プールで泳ぐことができます。

しかし、ガッツリ泳ぎます!!

という人は、

「ゴーグルの曇り止め」

を持っていくといいです。



曇り止めをつけるのと、つけないのでは、泳ぐときの快適さが違います。

ガッツリ泳ぐ方は、1つ持っているといいですよ。

プール以外で使う道具

【プール以外で使うもの】

・メイク落とし ・タオル 

・お風呂セット ・スキンケアセット 

・着替え ・ビニール袋  



プール以外で使う道具は、基本的に



「お風呂に行く時に持っていくもの」



があれば大丈夫です。


ジムにはお風呂やシャワーがある


プールがついているジムの多くには、



「お風呂」や「シャワー」があり、



泳ぎおわったあとに、シャンプーをしたり身体を洗ったりすることができます。


なので、「お風呂に行く時に持っていくもの」を持っていったほうがいいんです。


メイク落とし

ジムのプールで泳ぐ人は、仕事後に行くことが多く、メイクをしたままジムに行くと思います。

泳ぐ前にメイクは落としたほうがいいので、

メイク落としを持っていくといいですよ。

拭き取るタイプでもいいですが、

お風呂で使っているものでも大丈夫です。



水着を来たまま、お風呂のシャワーを使えるので、

そこでメイクを落として、泳ぐ前のシャワーも浴びて、そのままプールに行けば楽ちんです。

タオル

これは、お風呂に入ったあとに使うタオルです。

なので、普段お風呂ではバスタオルを使っている人は、バスタオルを持っていったほうがいいでしょう。

お風呂セット(シャンプーなど)


シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗顔などは、普段使っているものをもっていくべきです。


ジムにも「リンスインシャンプー」や「ボディーソープ」は置いてあることが多いですが、これは使わないほうがいいです。

ジムにあるシャンプーは肌に悪い


学生時代、ジムでバイトをしていたことがあるのですが、

そこで使っていたのは、原価がかなり安いシャンプーでした。

社員さんも「これは使わないほうがいいよ。肌に悪いから」

と話していました。

また、お客さんの中には、ボトルの中に水を入れる人もいました。

不衛生ですよね。。。


肌に気をつかっている方は、絶対に使わないほうがいいでしょう。

ジムにシャンプーを持っていく方法

ジムに普段使っているシャンプーを持っていく方法は簡単です。


100円ショップに行くと、シャンプーやソープ用の小さいボトルがあります。


それに入れ替えて持っていけば、荷物もかさばらずに持っていくことができますよ。

スキンケアセット

お風呂から上がったらすぐにスキンケアをしたい人も多いと思います。


普段使っているものを、これも100円ショップの容器に入れ替えて持っていきましょう。


水泳後は、肌が乾燥してしまうので、


ケアはなるべく早いほうがいい
ですよ。



ボディクリームがあるといい

プールで泳いだあとは、全身が乾燥しているので、

「ボディクリーム」を準備して、お風呂後に使うといいと思います。


乾燥してしまうと、全身痒くなってしまうこともありますよ。
(私は、ボディクリームを塗ってもかゆいです…)

着替え

お風呂に入るということは、綺麗な下着・綺麗な服で帰りたいですよね。

着替えを持っていくと気分良く帰ることができます。

また、着替えは少しゆったりしている服を持っていくと、

楽に帰ることができます。

運動してお風呂に入った後に、ピッタリした服はあまり着たくないと思いませんか??

ビニール袋

ビニール袋が必ず必要なのは、

濡れてしまった水着とタオル

を入れるための袋です。

それ以外にも、必要だと思ったら持っていくといいでしょう。

ジムのプールに持っていくものはどこで買えばいいの?

ここまで、ジムのプールで泳ぐ際に持っていくものを理解していただけたと思います。

しかし、

「水着とかどこで買えばいいの?」

「今は夏じゃないから水着売ってないんだけど」


という方もいると思います。

スポーツショップで買える

1つ目は、スポーツショップで買うことができます。

ですが、スポーツショップも季節によって影響を受けやすく、

夏以外はあまり品揃えがよくありません。

水泳専門店で買える

2つ目は、「水泳専門店」で買う方法です。

水泳専門店なんてあるの!?

と思う人もいるかもしれませんが、あるんです。

東京に住んでいる方は、

上野にある「ジュエン」というお店が水泳専門に扱っているお店です。

店舗は小さいですが、水泳に関するほしいものは基本的に揃います。

水泳専門店のネットショップで買える

「私、東京に住んでないよ」



という方もいると思います。

上野のジュエン以外にも、各地に水泳専門店はあるので、探してみてほしいですが、

もっと簡単に買うことができます。

この「ジュエン」のネットショップがあるんです。

こちらから購入することができます。


ネットショップは、上野の店舗と同じくらいの品揃えがあります。

「どんな水着がいいかな」

と覗いているだけで、楽しいので一度見てみるといいですよ。


ネットで購入できるなら、日本どこに住んでいてもジムのプールで泳ぐ準備ができますね。

まとめ:準備ができたらジムのプールでダイエットをしよう

ここまで、ジムのプールに行くために、

準備する道具などを紹介してきました。

水着はネットで買えるし、それ以外は普段使っているものを持っていけば大丈夫です。

今まで

「ダイエットのために泳ぎたいけど、よく何から始めたらいいかわからない」

という人もいたと思いますが、

安心してジムのプールに足を伸ばすことができるはずです。

今回紹介したものをカバンに入れて、ジムに行けば困ることは基本的にありません。

これから楽しい水泳ライフが始まるといいですね。

▼水泳でダイエットの方法が知りたい方はこちらを参考にしてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です