メニュー 閉じる

保育士は太っている人が多いのか?現役保育士が痩せるためにやっていること

先生たちには言えないけど、保育士って太っている人多いよね?

保育士やっているけど、自分も含めて太っている人が多いんだけど…同じ保育士の人で体型を維持している人はどうやっているの?




という方いませんか?



Risaです。


現在保育士をしています。(3歳時30人の担任です)保育士をしながらも、162cm、48kgで体型は維持しているつもりです。


保育士って太っている人が多いように見えますよね。


今回は、「保育士は太っている人が多い!?」という疑問に答えながら、私自身が行っている体型維持の方法を紹介していきます。

◇記事の内容◇

・保育士に太っている人が多い理由

・痩せるために園内でできること

・痩せるために園外でできること



保育士をしている方の参考になればと思います。





保育士は太っている人が多いのか?


早速疑問に答えていきます。

ズバリ、園による!!

・痩せている保育士が多い園

・太っている保育士が多い園



上記2パターンがあるように感じています。

ちなみに私の勤務している園は、痩せている保育士が多い園です。


園の雰囲気は重要です


保育士が太るか太らないかは、保育園全体の雰囲気が重要です。


太っている保育士が多い園は、どうしても「体型」という部分の意識が薄くなります。

太っている保育士が多い中で仕事をしていると、「最近太ってきたけど、あの先生よりは太ってないからまだ大丈夫かな」と思ってしまう可能性があります。



逆に痩せている保育士が多ければ、自分が太ってきたら「まずい!」と思ってダイエットを意識します。


園の雰囲気によって、体型がかなり変わってくる可能性は大きいです。


園によって異なるとはいえ、太っている保育士さんが多いのは事実。

私も働きながら、保育士って太りやすい職業だなと思いますね。



なぜ保育士の人は太っている人が多いのかについて下記にまとめました。

・給食をゆっくり食べられない

・ストレス

・座っていることが多い

・自他ともに優しい

・ジャージを着て仕事



上記が太っている保育士が多い理由です。


これから紹介することは、全ての保育園、全ての保育士に当てはまるわけではないので、そういう認識のもとで読んでくださいね。


給食をゆっくり食べられない


保育士は基本的に給食はゆっくり食べることができません。


子どもと一緒に食べる保育園も多いと思いますが、子どもと一緒に食事をしながら自分もゆっくり食べるなんて無理です。

特に乳児クラスで子どもと一緒に食べなければいけない保育士さんは、本当に大変ですよね。



食事は、園生活の中でも大戦争の時間の1つです。


その中で、子どもの食事を見て、自分もご飯を食べるのはかなり厳しいです。


きっと多くの保育士が、とりあえず食事を口の中にかきこんで、子どもたちの援助をしていると思います。


子どもと別に食べても大変


子どもとは一緒に食べないという保育園もあると思いますが、結局子どもと別に食事をしてもゆっくりは食べられません。

・休憩が回らない

・仕事が溜まっている



上記のような理由で、休憩を職務規定の時間取ることは、ほとんどできません。

私も休憩時間を規定時間とったこと、ほとんどないです。そんな心の余裕がない・・・



子どもと一緒に食べるよりは、ゆっくり食べることができるかもしれませんが、そんなにゆっくりとした時間はありません。


ストレス


保育士はストレスが溜まりやすい職業の1つです。

・保育に対する悩み

・保護者との関わり

・同僚の保育士との関係


・シフト制で不規則な生活



主に上記のようなことでストレスを感じてしまします。

子どもたちと生活することはもちろん楽しいですが、うまくいかないことも多く、そこでストレスを感じてしまうことってありますよね。



ストレスがかかると、「ドカ食い」の危険性が上がります。


仕事が終わって帰宅すると、毎日のようにドカ食いをしてしまうという保育士も多いのではないでしょうか?


座っていることが多い


保育士は意外と座っていることが多いです。

・室内遊びを見ている時

・お昼寝の時

・おむつ替えのとき 等…



ずっと座っているわけではないですが、基本は座ってます。


「座る」→「ちょっと立つ」→「また座る」の繰り返しです。

もちろん、デスクワークの人よりは動いていますが、外回りをしている会社員の方よりは動いていない気がします。



座っている時間が長いと、やっぱり太りやすくなってしまいます。


自他ともに優しい


保育士は、優しい人が本当に多いです。

風邪をひけば、大丈夫?無理しないで。休んでもいいんだよ。と声をかけてくれる優しい方ばかりです。(ただ、これは園によって大きく違う・・・)



他人に対して優しい分、自分に対しても優しい人もいます。


つい食べ過ぎたり、家でゴロゴロしたりしてしまっていると、どうしても太ってしまいます。


ジャージを着て仕事


保育士の中には、ジャージを着て仕事をしている人もいますが、ジャージを着て仕事をすると、太りやすくなります。

自分の体型に対して、気の緩みが出てきてしまうんですよね。



ジャージを着ていると、自分の体型の実際の部分が見えなくなってしまい、太っているはずなのに、太っていることに気づかなくなります。

また、エプロンも同様です。エプロンをつけることによって、お腹周りの体型を意識しなくなり、太りやすくなるんです。



保育士って、体型を気にする余裕がないくらいバタバタ仕事をしている上に、服装のせいでさらに体型を意識しなくなるので、太ります。


子どもと遊ぶから痩せるんじゃないの?


保育士って子どもと鬼ごっこしたり、一緒に遊んだりするから痩せるんじゃないの?


と思う方もいるかもしれませんが、太っている保育士って基本的に一緒に鬼ごっこしないので、痩せません。(個人差あり)

3歳位になると、走力もかなりついてくるので、本気でやっても太っている保育士のほうが足が遅い、もしくは体力がない、ということも十分ありえます。



また、子どもって大人のことをよく見ているので、どの保育士を鬼ごっこをしたら面白いかわかるんです。


太っている保育士や足の遅い保育士には、「鬼ごっこやろう!」と声をかけないのも事実です。。。


現役保育士の私が痩せるために仕事中やっていること


太りやすい要素がたくさんある保育士ですが、私が48kgを維持するために仕事中意識していることを下記にまとめました。

・お昼ごはんをたくさん食べる

・お菓子は食べない

・時間を見つけてストレッチ

・スキニーパンツで仕事


・全力で鬼ごっこ

・子どものそばに行って話す



上記を意識的に行っています。


お昼ごはんをたくさん食べる


お昼ごはんは、あえてたくさん食べています。


ありがたいことに、私の園は子どもと別に食事を食べることができます。


給食は、量を自分で調整することができるので、助かっていますね。


お昼ごはんをたくさん食べる理由はこちらです。

・食の満足感を上げる

・夜ご飯食べすぎ防止



食の満足感を上げて「食」に対するストレスをできるだけなくすようにしています。


痩せなきゃ!と思って、食事の量を減らしても結局夜ご飯をたくさん食べてしまうので、お昼ごはんは思い切ってたくさん食べます。


お菓子は食べない


お昼ごはんをたくさん食べる代わりに、お菓子は食べないようにしています。

・保育士同士で持ち寄ったお菓子

・差し入れのお菓子



上記のように保育園にはお菓子がたくさんあることが多いですが、お菓子には基本的に手を出さないようにしています。

お菓子を食べるなら、ご飯を食べろ!これが私のモットー



この意識があるだけで、だいぶ太りにくくなります。


お菓子っておいしいからつい食べすぎてしまうんですよね。


しかも、休憩でお菓子を食べてその1時間後におやつを子どもたちと一緒に食べる、こんなことをしていたら、当たり前ですが太ります。


時間を見つけてストレッチ


時間を見つけてストレッチをするように意識しています。

・お部屋で肩だけ回す

・トイレで伸びる

・園庭で足のストレッチ



1回1回はほんの数秒ですが、こまめに動かすことによって、血流をよくするようにしてます。

座っている時間が長いので、どうしても身体がダルくなってしまうんですよね。



やろうと思う意識さえあれば、思っている以上に動かすタイミングはあるはずです。


スキニーパンツで仕事


仕事中はスキニーパンツは、太らないためにかなり大事です。

ちなみに、私の働く保育園では「エプロン」はつけていません。



スキニーパンツを履くだけで、体型への意識が変わります。

・足の形が見える

・太ったらすぐに気づく

・キュッと引き締めようとする



スキニーパンツを履くと、足に気合が入ります。だらだらすることがないので、体型維持にかなり役に立っています。


全力で鬼ごっこ


現在3歳児の担任ですが、園庭では子どもたちと全力の鬼ごっこをしています。

足の速い子たちと鬼ごっこをするときは、常に全力です。



ただし、この全力鬼ごっこが体型維持に役立っているかというと、そんなに役には立っていないかなと思います。

どうしても他の遊びを見ながらなので、カロリーを消費している感じはしないです。



全力鬼ごっこをするときは、他の職員と協力することが求められるので、声を掛け合いながら、行ってください。


子どものそばに行って話す


子どものそばに行って話すことは、保育士としてとっても大切な意識ですが、自分の体型維持にも役に立っています。


子どものそばに行くために、立ち上がって歩いてその子のところまで行って話す、これを繰り返すだけで仕事中に動く量が変わります。

動くことができるのに、遠くから子どもに向かって叫ぶ保育士さんも多いのは事実ですが、子どものためにも自分の体型のためにも、子どものそばに行って話す意識は大事ですよね。



何より、子どものそばに行って話すことは、子どもと会話したり、気持ちの変化にも目を向けられるので、常に意識しています。





保育士の私が痩せるために園外でやっていること


先程は、園内でやっていることをお伝えしましたが、園外で意識していることもあります。

・ジムで運動

・家でストレッチ

・夜ご飯はしっかり食べる

・朝ご飯は食べない



上記が私が痩せるために取り組んでいることです。


ジムで運動


ジムで運動することは、週2~3回行うようにしています。

痩せるためというか、もともと水泳が趣味だったので、社会人になっても継続しているだけですが、きっとダイエットに繋がっています。



仕事後に疲れていてよくジムに行けるね!と思うかもしれませんが、疲れているから行くんです。


仕事後に泳ぐとわかりますが、足に疲労がかなり溜まっています。


その疲れを取るためにも、泳いでリフレッシュしています。

▼ジムの後にプロテインを飲むとさらにダイエットに繋がります。

スイーツ感覚の飲みやすいプロテインが気になる方はここから

腹筋女子を目指したい向けのプロテインはこれ!



家でストレッチ


家でストレッチも毎日ではないですが、行っています。

・開脚

・足の付け根を伸ばす

・ふくらはぎのストレッチ

・太ももの裏のストレッチ



上記のように、足のストレッチを中心に行っています。


先程もお伝えしたとおり、保育士の1日が終わると足に疲れがたまりすぎてます。


疲れが溜まると、血流が悪くなって太りやすくなるので、ストレッチは大事です。


夜ご飯はしっかり食べる


保育園では夜ご飯をしっかり食べていますが、夜ご飯もしっかり食べています。


「ダイエットのために食事の量を減らさなきゃ!」と思うとドカ食いしてしまうので、しっかり食べることを意識してます。

しっかり食べて、必要でないものは食べない意識が大事です。



仕事後は、疲れているのでしっかり夜ご飯を食べて、次の日に備えるようにしています。

・スイーツ:食べない 

・お酒:飲まない 

・炭水化物:食べる

・揚げ物:食べない

・たんぱく質:食べる



私の晩ごはんはこんな感じです。


お酒やコンビニスイーツは食べたり飲んだりせず、夜ご飯も食事をしっかり取ることを意識しています。

▼夜ご飯はしっかり食べたほうが間違いなく痩せます。



朝ご飯は食べない


朝ご飯は食べません。


朝ご飯を食べないで、午前中の保育ができるの?と思うかもしれませんが、問題なしです。

というか、朝ご飯を食べなくなってからのほうが、身体が軽くて調子よく仕事ができています。



昼と夜はしっかり食べる代わりに朝は食べないのが私の食事スタイルです。


保育士は太りやすいが意識すれば痩せる


ここまで、保育士は太りやすいのか?という疑問に答えながら、保育士をしながら48kgをキープする方法をお伝えしてきました。


保育士が太っている人が多い原因をおさらいします。

・給食をゆっくり食べられない

・ストレス

・座っていることが多い

・自他ともに優しい

・ジャージを着て仕事



上記が太りやすい原因ですが、特に「ストレス」の影響が大きいなと個人的に感じてます。


ストレスで食べてしまう人にとっては、体型維持が大変な職場です。


しかし、意識すれば痩せることはもちろんできます。

私自身、ストレスでドカ食いしてしまう人です。

ダイエットでストレスは最大の敵!今日までドカ食いしてました



そんな私が行っている体型維持の方法も最後におさらいします。

・お昼ごはんをたくさん食べる
→満足度アップする

・お菓子は食べない
→お菓子を食べると太るよ

・時間を見つけてストレッチ

→ちょこちょこ動く

・スキニーパンツで仕事

→自分の体型への意識を高める

・全力で鬼ごっこ
→あんまり効果はない?
 やるときは、他の職員と協力して

・子どものそばに行って話す

→子どものためにも大切な意識



上記のような感じで、日々保育士をやっています。


保育士は、毎日楽しいことがたくさん起こりますよね。


頑張っている保育士さんの役に立てば嬉しいです。


このサイトでは、他にもダイエットに関する情報をたくさん紹介しています。


よかったら参考にしてください。



ということで今回は終わりにします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です