メニュー 閉じる

水泳の選手コースを辞める決断はいつ?元スイマーの後悔しない辞め方

水泳やっているけど、選手コースをもう辞めたい

子どもが選手コースにいるけど辞めたいと言ってきた…


という方いませんか?


Risaです。


水泳歴は23年、選手コースには小学校3年生から高校2年までいました。

今回は、「水泳の選手コースを辞める決断はいつがいいのか?」について紹介します。

これを読めば、後悔しない辞め方を考えるきっかけになるはずです。




水泳の選手コースを辞める決断はいつ?


水泳の選手コースを辞める決断をするきっかけを下記にまとめました。

1.卒業と同時に

2.高校3年生のとき

3.記録が伸びなくて

4.ケガをしてしまって

5.練習が辛くて

6.学業や他にやりたいことがあって


様々な理由があると思いますが、大きく分けると上記のような理由で辞めることがあると思います。

水泳の選手コースって楽なものではないので、「辞める」ことを悩む方も多いですよね。

1.卒業と同時に


1つ目の辞めるきっかけは、学校の卒業で辞める場合です。

・小学校卒業

・中学校卒業


上記のタイミングで辞める人はかなりいます。

辞めることをコーチや親にも言いやすく、辞めやすいタイミングですよね。

私の同期も小学校で半分辞め、中学生卒業で半分辞め…とどんどん人が減っていきました。


2.高校3年生のときに


2つ目の辞めるきっかけは、高校3年生で高校卒業のタイミングです。

これに関しては、辞める決断をするというよりも、辞めなければいけない状況になります。

大学では、ほとんどの人が大学で水泳を続けることになります。

選手コースにいられるのは、高校3年までという人が多いです。

3.記録が伸びなくて


3つ目の辞めるきっかけは、記録が伸びなくて辞める場合です。

結果が出ないと、「なんのために続けているんだろう」と思うようになり、水泳を辞めたくなります。

頑張って練習しても結果が出ないことは、選手にとってかなり辛いですよね。

4.ケガをしてしまって


4つ目のきっかけは、ケガをしてしまって辞める場合です。

水泳はケガをしにくいスポーツですが、ケガをしてしまって辞める人もいます。

水泳でケガをしたわけではなく、水泳以外の場所でケガをして、水泳を続けることが難しくなる場合もあります。

病気でケガをして辞めなければいけないこともあります。
実際、練習後に心停止になってしまい(命は助かりました)、水泳を続けることができなくなった中学生を見たことがあります。


ケガや病気は、本人が続けたくても続けることができなくなりますよね。

5.練習が辛くて


5つ目の辞めるきっかけは、練習が辛くて辞める場合です。

選手コースにいる人は、一度は思ったことがあるかもしれません。

練習が辛くて辞めたいと・・・


朝練をして夕方も練習して、長期休みには合宿があって1週間で100kmも泳いで、みたいな生活を経験する学生はほとんどいません。

練習が辛くてしんどいのに、家族も周りの友だちも学校の先生も理解してもらえない状況だと辞めたい気持ちがさらに大きくなります。

6.学業や他にやりたいことがあって


高校受験で勉強をしたくて、他にやりたいことが見つかって辞めたくなる人もいます。

世の中には、「やりたい!」と思うことが無限にあります。

その中で水泳以上にやりたいと思うことが見つかって辞める決断をする人もいます。

水泳の選手コースを辞める時に後悔しない方法


水泳の選手コースを辞める時に、後悔しないタイミングで辞めるには、「なぜ辞めたいのか」がかなり重要になってきます。

特にこれを読んでいる保護者の方は、子どもには後悔しないタイミングで辞めてほしいと思いますよね。


選手コースを後悔しないで辞めるには、「なぜ辞めたいか」を明確にしてから辞めることをおすすめします。

高校卒業で辞めることが最も後悔しない


絶対に後悔したくないなら、高校卒業まで(高3のインターハイまで)続けてから辞めるべきです。

ここまで続けた人は、辞めても後悔することはほとんどありません。

というか、辞めなければいけない状況になるので、納得して辞めることができます。

・高3は自分のことを自分で考えられる年齢である

・水泳に後悔があるなら大学で続ければいい

・自分の実力を最後まで出し切ることができる


上記の理由で高3で辞める決断は、後悔しにくいです。

小学校で辞めることは後悔するかも


小学校卒業で辞める決断をする人も多いですが、小学校で辞めると後悔する可能性があります。

・練習が辛いから

・結果が出ないから


・友だちが辞めると言っているから


特に上記3つの理由で辞めると言っている人は、辞める決断を待ったほうがいいかもしれません。

なぜなら、全てその時だけの気持ちで辞めようとしているからです。

私は、小学6年で辞めていたら間違いなく後悔していました。


正解はないですが、水泳の選手コースの経験は、小学生のときよりも中学生以降のほうがたくさんの経験ができます。

小学生の結果は関係ない


小学生で結果を出している人は確かにすごいですが、小学生はもともとの体型のアドバンテージが大きいです。

体格がいい人が結果を出しやすいです。

確かに結果は気になりますが、小学生の時の結果は重く受け止めすぎないほうがいいかもしれません。

結果が出なくて辞めていい?


結果が出なくなると、辛い練習を毎日する意味がわからなくなって、辞めたくなります。

しかし、結果が出なくて辞めるのは少し待ったほうがいいかもしれません。

選手としていつ花咲くかわからない人も多いです。

中1の時、県中の決勝に残れなかった私の友人は、中3で初めて全中に出場し、、どんどん実力を伸ばして国体の代表にもなりました。


高校生になって初めて全国大会に出る選手もたくさんいます。

結果が出なくて辞めるのは、少し待ってから辞めるのも1つの手です。

練習が辛くて辞めていい?


水泳の選手コースの練習は、決して楽なものではないです。

というか、とにかく辛いですよね。

練習が辛くて耐えられず辞めるのも1つの人生ですが、続けるメリットもたくさんあります。

水泳の練習ほどの経験をする機会は人生でもうない


1つ断言できることがあります。

水泳の練習ほど自分を追い込んで何かに没頭する経験は、人生で2度きません。

よほどのことがない限り、あそこまで自分の身体と精神を追い込むことはありません。

この経験は、あなたの人生においてかなり大きな意味があります。

ぶっちゃけあれだけの練習を乗り切れたら、人生イージーモードです。なんでも乗り越えることができます。


辛いことは本当は楽しい


練習を辛いけど、楽しい!と思えるようになったら勝ちです。

最初は辛いだけの練習かもしれませんが、やり続けていると「楽しい」と思えるようになります。

ここまで来ると、辛くて辞めようと思うことはなくなるはずです。

ただ、この感覚は誰かに教えてもらうことができないので、自分で経験するしかないです。


辛くて辞めるのも1つの人生、辛くても、もう少し頑張ってみるのも1つの人生。

続ければ、人生において二度とできない経験をすることができます。

学業ややりたいことがあって辞めていい?


学業ややりたいことがあって辞めようと思う方もいるかもしれませんが、学業で辞めようと思っている人は少し待ったほうがいいです。

水泳を辞めても勉強時間は増えない


水泳を辞めて勉強を真剣にやろうと思っている人もいるかもしれませんが、多分勉強時間は増えません。

逆に時間がありすぎて、勉強しなくなる可能性もあります。

受験期などで勉強時間を取りたいなら、辞めずにコーチに相談するのも1つの手です。

1週間の練習の回数を少なくしたり、時間を短くしたりする対応を取ってもらえば、辞めずに勉強をすることができますよ。

やりたいことがある人は悩もう


水泳以外にやりたいことを見つけた人は、悩みましょう。

特に、他の部活がやりたくなった場合は、両立させることが難しいです。

自分が本当にやりたいことは何か


を考えて、水泳を続けるのか、辞めるのかを決めるのがいいです。

私は水泳の選手コースを2回やめようと思った


ここまで、水泳を辞める決断のタイミングについて紹介してきましたが、私は2回やめようと考えました。

・1回目:中1の4月

・2回目:高2の4月(辞めた)


上記2回のタイミングがありました。

中1の4月に本気で辞めようと思った


中1の4月に辞めようと思ったきっかけは、今考えるとかなり安易な考えです。

一緒に続けようと言っていた友だちが辞めた


辞めようと思った理由は、上記のような一瞬の心のゆらぎです。

中学でも一緒に続けようと言っていた友だちが、立て続けに1人、また1人辞めると言ってきて、精神的に辛くなりました。

練習に行かない日が増えたり、2時間の練習を1時間で帰ったりしていました。

全力で親とコーチに止められた


私が、友だちが辞めたことが理由で「辞める」と言っていたことは、親もコーチもわかっていたようでかなり全力で辞めることを止められました。

この時に止めてもらえたこと、本当に感謝しています。ここで辞めていたら後悔しかしていませんでした。


中1の4月の私は続けることが辛くてしょうがなかったですが、中1の6月には辛い気持ちなくなっていました。

続けてよかったと思うのは、中2の冬なので、もう少し先のことです。

高2の4月に悩んで悩んで辞めた


高2の4月に急にコーチが変わり、この出来事が私の選手コースをやめるきっかけになります。

中1から信頼していたコーチと、高3まで水泳をすることができると思っていたのに、それができなくなって私は大パニックです。

高校で続けるのを決めたのも、このコーチと高校でも練習ができることが決まっていたからです。


もう4月は毎日のようにプールで泣いてました。(お恥ずかしい…)

「続けたい自分」と「続けることはもう無理だと思う自分」の中で様々な葛藤があって、悩みすぎて泣いてました。

自分の引き際だと思って辞めた


悩んで悩んだ結果、ここが自分の引き際として生活だと思って辞める決断をしました。

中1から見てくれたコーチも、「辞めてもいいと思う」と言ってくれたので、納得して辞めることができましたね。

高2で辞めて後悔していない?


高2という中途半端なタイミングで辞めたことを後悔しているかと聞かれたら、「全く後悔はしていない」です。

悩んで悩んだ結果で出した判断なので、後悔はないです。

時々、コーチがそのままだったら高3でインターハイ行けたかな?という妄想はしますが(笑)


人生で最も悩んだ出来事でしたが、しっかり考えてから決めたことなので、後悔なく今もいられます。

まとめ:水泳の選手コースを辞めるタイミングは難しい


ここまで水泳の選手コースを辞める決断はいつするべきかについて紹介してきました。

紹介はしてきましたが、辞めるタイミングに正解はありません。

元選手の私は、「ここで辞めたら後悔するかな」と思うことはありますが、それが正解とは限りません。

真剣にやっている人ほど真剣に悩む必要がある


水泳を真剣に続けている人ほど、辞めるタイミングは真剣に考えなければいけないと個人的には思います。

「水泳を辞める」という決断は、選手コースに在籍する人にとってかなり大きな意味をもちます。

冒頭にもお伝えしましたが、「なぜ辞めたいか」をしっかり考えてから、辞める決断をすることが、後悔しない方法です。

小学生で辞めるのはアリだけど?


小学生で選手コースを辞める決断をすることは、もちろん間違いではありません。

しかし、小学生で水泳を辞める子にとっては、その後の人生で「水泳」はそこまで大きな意味があるものにはならないかもしれません。

小学生こそ、辞めるタイミングがかなり難しいです。

保護者の方も一緒に悩みながら答えを出してほしいです。



まとめると、水泳の選手コースを辞める決断をするタイミングは難しい!

ということで、今回は終わりにしたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です