メニュー 閉じる

褐色脂肪細胞を刺激してダイエットしよう。痩せる細胞を増やすには

褐色脂肪細胞がダイエットのポイントだと聞いたんだけど本当?

褐色脂肪細胞を活かして痩せる方法を教えて!



という方いませんか?


Risaです。


MAX60㎏から12キロのダイエットに成功しました。


「褐色脂肪細胞」は、ダイエットについて調べたことがある人にとって、身近な言葉かもしれません。


今回は、「褐色脂肪細胞とダイエットの関係」について紹介していきます。

◇記事の内容◇

・褐色脂肪細胞って何?

・褐色脂肪細胞が減るとどうなる?

・褐色脂肪細胞を増やす方法






褐色脂肪細胞を刺激してダイエットしよう


今、これを読んでいるあなたは、褐色脂肪細胞という言葉は聞いたことがあるはず。


「じゃあ、褐色脂肪細胞って何?」


この質問に答えられる人は、少ないかもしれません。


身体の中には、褐色脂肪細胞と言って、ダイエットの見方になってくれる細胞があります。


脂肪を熱に変えてくれる大事な細胞です。


褐色脂肪細胞とは何?


身体の中には、3種類の脂肪細胞があります。

・白色脂肪細胞

・褐色脂肪細胞

・ベージュ脂肪細胞



白色脂肪細胞は、脂肪をエネルギーとして蓄える役割をしていますが、褐色とベージュの脂肪細胞は、体内の脂肪を燃やす働きをしてくれています。


ベージュ脂肪細胞は、褐色脂肪細胞と一緒にされることも多いです。


つまり、褐色脂肪細胞がたくさんあれば、脂肪を燃焼しやすい痩せる身体であるということです。

☆ポイント☆

ダイエットの見方は、
白色じゃなくて「褐色」



褐色脂肪細胞をうまく活用することによって、ダイエットを効率的に行うことができます。


褐色脂肪細胞の場所はここ


褐色脂肪細胞をダイエットに活用していくためには、場所を知らないといけません。


褐色脂肪細胞が多くある場所をまとめます。

・肩甲骨と背骨の間

・首

・肩

・鎖骨

・腎臓



肩甲骨付近に褐色脂肪細胞があることは、有名ですよね。


この場所にある細胞を刺激することで、ダイエットを効率的に行うことができます。


褐色脂肪細胞で新生児は覆われている


褐色脂肪細胞は、新生児がピークであることを知っていますか?


新生児は、全身を褐色脂肪細胞で覆われていると言われています。

赤ちゃんを抱っこすると、温かいのは褐色脂肪細胞が働いているからなんです。



新生児の赤ちゃんは、身体を動かしたり、震わせたりして熱を作ることがまだできないので、褐色脂肪細胞によって身体を温めているんです。


ママの身体の中は約37度ありますが、一気に20度前後の外界に出てきても、体温を下げないためにも褐色脂肪細胞は、新生児に必要なんです。


褐色脂肪細胞は20代では新生児の6割に⁉


新生児の時は、全身が褐色脂肪細胞に覆われていますが、徐々に褐色脂肪細胞は減っていきます。


20代では、新生児の時の6割まで減り、40代になると2割まで減ってしまうそうです。

褐色脂肪細胞が少なくなれば、痩せにくくなります。



今あなたは何歳ですか?


年齢に伴って、褐色脂肪細胞が減りどんどん痩せにくくなっていますよ。


褐色脂肪細胞が減るとどうなる?


褐色脂肪細胞が減ると、痩せにくくなるのは理解していただけたと思いますが、なぜ痩せにくくなるのでしょうか?

・身体冷える

・血液の循環が悪くなる

・脂肪を熱に変えにくい



褐色脂肪細胞が減ると上記のようになります。


身体が冷えたり、血液の循環が悪くなると、むくみやすく太りやすい身体になります。


脂肪をエネルギーとして使うことができなければ、脂肪を身体にため込んでしまうので、体重はどんどん増えますよ。


褐色脂肪細胞は個人によって違う


褐色脂肪細胞は、年々減っていますが、そのペースは個人によって違います。

・維持できる人

・なくなるのが早い人

・もともと多い人



個人差はありますが、安心してください。


褐色脂肪細胞の減少は生活の中の意識で抑えることができますし、増やすこともできます。







褐色脂肪細胞を増やすにはどうしたらいい?


ここまで読んだ人は、早く褐色脂肪細胞の増やし方を知りたいですよね。


褐色脂肪細胞を増やして、ダイエットに繋げる方法を下記にまとめました。

肩甲骨を動かす

冷水シャワー

薄着で過ごす

食事

冷えない生活



どれも今の生活にちょっと足すだけなので、誰でも簡単にできます。


褐色脂肪細胞を刺激するために肩甲骨を動かす


褐色脂肪細胞を刺激したいなら、やっぱり「肩甲骨」はポイントです。


肩甲骨周りには、褐色脂肪細胞がたくさんあるので、どんどん動かしていきましょう。


肩甲骨を動かす方法は、簡単です。

肩甲骨を大きく動かす



これだけでOKです。

▼肩甲骨を動かす時にこれを使うと動かしやすいですよ。



ストレッチチューブを使って、肩を回すだけでも十分に効果があります。


肩を回すときのポイントは、腕を回すのではなく、肩甲骨を動かすことが大切です。

褐色脂肪細胞,肩甲骨,ダイエット,痩せる



つい、腕だけを回してしまいがちになるので、肩甲骨を意識して、大きく動かしていきましょう。

▼さらに肩甲骨を動かす具体的な方法を知りたい方向け。



冷水シャワー


冷水シャワーも褐色脂肪細胞を刺激するのにおすすめです。


肩甲骨と肩甲骨の間に冷たいシャワーをかけるだけなので、毎日行うことができます。


冷水シャワーを肩甲骨付近にかけることで、身体が「冷えてる!」と勘違いし、熱を作り始めます。

私もここ1ヶ月ほどやっています。
冷たいシャワーを身体にかけることは、気合が必要ですが、ついハマってしまう快感があるのでおすすめですよ。



冷水シャワーの効果は、数週間続けることによって出てくるようです。


ぜひ、今日から始めてみてはいかがですか?


薄着で過ごす


薄着で過ごすこともおすすめです。


ただ、これは有効性が低いと言われています。


室温を下げて薄着で過ごすことによって、褐色脂肪細胞を活性化することができるのですが、単純に薄着で過ごせばいいわけではありません。


「寒い」と感じるくらいまで室温を下げた上で、薄着で過ごさないと意味はないようです。

風邪をひかない程度に試してみては?



食事


食事を工夫することでも、褐色脂肪細胞を刺激することができます。

・カプサイシン

・ポリフェノール

・カテキン



これらが含まれる食べ物は、褐色脂肪細胞を活性化することができます。(カテキンはポリフェノールの一種)


食べ物の例を下記にまとめるので、参考にしてください。

・カプサイシン:唐辛子

・ポリフェノール:カカオ、大豆製品、コーヒー、ブドウなど

・カテキン:緑茶、抹茶など



身近な食べ物が多いので、積極的に食事に取り入れて、ダイエットに繋げていきたいですね。


冷えない生活


冷えない生活も大事です。

さっき、冷水シャワーとか薄着とか言ってたじゃん!



冷水シャワーや薄着は、意図的に身体を冷やす行為ですが、基本的には冷えない生活をすることが大切です。


きゅうりやトマトなどの夏野菜は身体を冷やす効果がありますし、夏に冷房をかけて裸で寝ることも身体を冷やすことに繋がります。


身体を冷やさないようにすることで、褐色脂肪細胞を刺激しやすくなります。


お風呂に入ることも大切です。

冷水シャワーとお風呂に入るのを1分ずつ交互にすると、身体が温まり免疫もUPしますよ。



身体を冷やさない工夫を生活の中で行いながら、ダイエットをしていきましょう。


褐色脂肪細胞を最大限に生かして痩せよう!


ここまで、褐色脂肪細胞について紹介してきました。


ダイエットしたいあなたは、今日から褐色脂肪細胞を刺激して、細胞を活性化しない理由はないですよね。


刺激しなければ、どんどん減っていく一方です。

ここ数日、腕回ししましたか?



大人になると、腕を回すという行為すら日常生活の中でやらなくなります。


ということは、褐色脂肪細胞は刺激もなく減っていく一方です。

・腕を回す

・冷水シャワーする

・冷えない生活をする



なんでもいいので、今日から始めてみてください。

▼腕を回すときにチューブゴムを使うと、さらに効果UPです



私も愛用してます!!


ということで、今回は終わりにします。

▼ダイエットしたいあなたにおすすめ記事はこちら。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です