メニュー 閉じる

筋肉つきやすい人とつきにくい人の違い。運動・生活・疲れやすさ

自分は筋肉がつきやすい気がする

筋肉がつきにくいんだけど何が違うの?



という方いませんか?


Risaです。


筋肉がつきやすい人とつきにくい人っていますよね。


その違いってなんなんでしょうか?


今回は「筋肉がつきやすい人とつきにくい人の違い」を紹介していきます。

◇記事の内容◇

・筋肉つきやすい人とつきにくい人の違い

・得意なスポーツ

・筋肉がつきにくい人はマッチョになれる?



この記事を書いてて、この知識を学生の時に知りたかったと思ってしまいました。





筋肉つきやすい人とつきにくい人の違い


あなたは、筋肉つきやすいですか?つきにくいですか?

私は、筋肉がつきにくいです。



筋肉がつきやすい人、つきにくい人の割合は、下記のようになります。

・筋肉がつきやすい人:20%

・筋肉がつきにくい人:28%

・その間の人:52%

参考:自分の遺伝子がわかる本‐植前和之‐



日本人は上記の割合で、筋肉がつきやすい人、その中間の人に分かれています。


筋肉つきやすい人とつきにくい人はここが違う


そもそも筋肉がつきやすい人と、つきにくい人は何が違うのでしょうか?


身体の中には、様々な筋肉がありますが、筋トレで鍛えているのは、「骨格筋」です。


骨格筋は、筋肉の全体の約40%を占めています。


骨格筋は、さらに2つに分けることができます。

・速筋:太くなりやすい(瞬発系)

・遅筋:太くなりにくい(持久系)



上記を見てもらえれば、わかりますが、筋肉がつきやすい人は、速筋を刺激しやすく、筋肉が太くなりやすいんです。


逆に、筋肉がつきにくい人は、筋肉がつくまでに時間がかかります。


筋肉つきやすい人とつきにくい人の特徴って?


筋肉がつきやすい人とつきにくい人は、生活の中でも違いがあります。


これを知っておくと、自分に合うスポーツや仕事をできるかもしれません。


得意なスポーツ


筋肉のつきやすさで、得意なスポーツが変わってくるのは、なんとなくイメージできる人もいますよね。

・筋肉つきやすい人:瞬発系
 (短距離走・重量上げ・ラグビーなど)

・筋肉つきにくい人:持久系
 (マラソン・水泳・自転車)



このように得意なスポーツに違いがあります。


ちなみに、中間の人は、トレーニング次第でどっちにもいけるようです。


生活の特徴


生活にも特徴があります。

・筋肉つきやすい
 ▶集中力は高いが持続力は低い

・筋肉つきにくい

 ▶集中力は低いが持続力は高い



自分がどっちであるかわかれば、仕事や勉強の仕方などにも生かせそうですよね。

筋肉がつきにくい私は、集中力がほとんどないのも納得です



集中力か持続力か自分はどっちが得意なのか知っておくことで、生活スタイルを変えることもできます。


疲れやすさ


疲れやすさにも違いがあります。

・筋肉つきやすい人
 ▶疲れやすい

・筋肉つきにくい人
 ▶疲れにくい



筋肉がつきやすい人は、筋肉に溜まっているエネルギーを短時間にたくさんに使うので、すぐにエネルギー切れを起こしてしまいます。


しかし、筋肉がつきにくい人は、エネルギーを少しずつ使うので、持久力があります。





怪我のしやすさ


筋肉のつきやすさによって、怪我のしやすさにも影響があります。

・筋肉つきやすい:怪我しにくい

・筋肉つきにくい:怪我しやすい



筋肉がつやすい人は、筋肉の繋がりが強いので、怪我をしにくいです。


しかし、筋肉がつきにくい人は、急に動くと筋肉が切れてしまうので、肉離れなどを起こしてしまいます。


また、筋肉がつきにくい人は、準備運動が大切です。

確かに、大繩すれば怪我、高飛びをすれば怪我…怪我ばかりしてました私。



筋肉がつきにくい人はいくらトレーニングしてもダメ?


筋肉がつきにくいなら、めちゃくちゃトレーニングしないと!!と思った方、待ってください。


筋肉がつきにくい人は、ハードな筋トレをしてもマッチョになることは難しいです。


身体を壊してしまいます。


逆に「筋肉つかないなら、トレーニングしなくていいか」というと、そういうわけではありません。


筋肉はどんどん衰えていく


筋肉は、年々衰えていきます。


太ももやお尻の大きな筋肉は、40代を超えるとどんどん細くなっていきます。

筋肉の衰え自体は、20歳を超えると始まっているので、成人している人は気をつけてくださいね…。


筋肉は、いつからでも大きくすることができるので、筋肉がつきにくい人も筋トレをする必要があります。

▼筋肉を大きくするならたんぱく質必須です。

おいしくて綺麗になりたいあなたにおすすめのプロテイン

腹筋女子を目指したい向けのプロテインはこれ!



太りたくないなら、「植物性のプロテイン」がおすすめです。


動物性のプロテインは、脂質が多めなので、普段からトレーニングしている人向けです。


筋肉つきやすい人の中にさらにつきやすい人がいる?


筋肉がつきやすい人の中には、さらに筋肉がつきやすい人がいます。


筋肉に指示を出す神経の能力が高いか、低いかによって、筋肉の変わってきます。



この本の中では、「器用遺伝子」として紹介されています。


筋肉が最もつきやす人が、

筋肉がつきやすい人×器用遺伝子



このパターンの人です。


また、下記のようにそれぞれの組み合わせによっても、効果的なトレーニング方法が変わってきます。

筋肉つきやすい,つきにくい,違い,筋肉



気になる人は、本を一読してみてください。


筋肉つきやすい人つきにくい人あなたはどっち?


ここまで、筋肉つきやすい人つきにくい人の違いを紹介してきました。

・得意なスポーツ

・生活

・疲れやすさ

・怪我のしやすさ



それぞれで違いが出てきます。


自分はどっちなのか、自分の身体のことを理解することで、より自分に合う生活を送ることができます。


学生の時に知りたかったと思いませんか?


最後に余談を少し。


今回紹介した話ですが、学生の時に知りたかったと思いませんか?


部活を選ぶとき、部活でのトレーニングの仕方など、これを知っていれば、より部活を楽しめた気がするのは私だけでしょうか…


また、勉強をするときも、集中力があるない、持続力があるないによっても、勉強のやり方も変わってきたはずです。


過去のことを振り返ってもしょうがないので、これから役に立てて生活していきましょう。


ということで、今回は終わりします。

▼筋トレに関する記事はこちらから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です